【日記】東京マラソン2017を走って「清澄庭園~門前仲町」 その6 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » 映画 » 【日記】東京マラソン2017を走って「清澄庭園~門前仲町」 その6

【日記】東京マラソン2017を走って「清澄庭園~門前仲町」 その6

膝の違和感はハッキリと痛みに変わり、その痛みと向き合いながらもペースは落とさず走った。
沿道には新コースとあってたくさんの人たちが詰め掛けていた。膝の痛みはあるがまだ止まるほどの痛みではないので気持ち的な余裕は持ち合わせていた。
この「膝の痛み」というのはランナー膝と言われ、初心者ランナーにはよく見られる症状だ。走行距離が真剣にランニングを行った2013年から800Kmに達する自身が初心者かどうかは意見が分かれるところだが、私はここ2年くらい膝の痛みを抱えながら、徐々に距離を伸ばしてきていた。今回の練習最長距離18kmを越えたあたりから痛みが発生するというのがなんとも分かりやすいのだが、それ以降は向き合うしか方法がなく、もう一つの方法は走るのを止めるという選択になるのだがもちろんそんな選択肢をその日には私には持ち合わせているはずもない。
清澄通りの賑わいは引き続き活気を帯びていた。距離もまもなく折り返しとなる21km付近となる。ここには友人・ユミトがまっている。そこで自分が背負っているバッグを受け渡すことになっている。このバッグには、スタート時の防寒用のジャージと食べかけのおにぎりが入っていた。それを背負ってスタートするか迷った。しかしこの辺りで無性にお腹が空き、その食べかけのおにぎりを食すことができたため結果オーライであった。スタート時、ユミトから「途中、絶対に腹が減るから食べろ」と手渡されたおにぎりを、半ば強引に詰め込んだがさすがに途中にトイレで大きいのはしたくなかったのでと半分にした。その彼の忠告通り、折り返しを迎えようとしている門前仲町付近で空腹を迎えたのであるから人の話は聞くものであると思った。
そしていよいよ折り返しである。人はそれまでよりさらに増えていた。そのためこの付近で待っている友人ユミトを発見するのに骨が折れた。なかなか見当たらず鶴岡八幡宮を左手に折り返しをした。彼を探しながら、給水所で給水をし、再度清澄通りへと入った交差点を右折した辺りに彼を発見した。彼にかばんを渡し、少しの会話を挟みすぐに出発した。バッグを渡して一気にカラダが軽くなったような気がした。走っているときはストレスに感じなかったが、外して気づかされた。
空腹はさきほどのおにぎりで一瞬満たされたがやはり継続中であった。しかしさきほどまでの膝の痛みはいつの間にかなくなっていた。
コースは、清澄通りを北上していき、再度蔵前橋を渡り銀座方面へと進んでいく。
21km越えたあたりからいよいよマラソン本来の辛さ、楽しさが始まるのであった。

続く。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/587-7d82a2f3