【日記】東京マラソン2017を走って「飯田橋~日本橋」 その3 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 【日記】東京マラソン2017を走って「飯田橋~日本橋」 その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】東京マラソン2017を走って「飯田橋~日本橋」 その3

今回記すこの辺りが、全コースの中で一番記憶が薄いエリアだ。
飯田橋を右折し、神保町を通り、スキーやスノボーなどウィンタースポーツの聖地として有名な小川町抜け、神田へと続いていく。ペースはキロ6分をキープしていた。別段これといった特徴のある建物などがないためにそういった印象になるのかもしれない。
ただこの辺りはとにかくどこのトイレもいっぱいで、長蛇の列だった。トイレを見なければ催さない尿意も不思議なものでそれをみるだけで誘発される。しかしトイレにいくことはペースを崩すことになるのでとりあえずこの辺りで入るのは我慢した。ペースはあがってきたものの、周囲も同じくらいのペースのためそれほど密集率は変わらなかった。まだ腕を伸ばせばぶつかるくらいの密度である。神保町を過ぎ、小川町に向かう途中、拡声器を使いながら「YMCA」の大合唱を促していてとても盛り上がっていた。自分も自然と「YMCA」のフリをしてしまった。周囲も同じように無意識に「Y~M~C~A!」と腕だけであの有名な振り付けをしていた。少しテンションが上がる時間だった。このあたりは7~10kmのあたりにある。この距離はいつも練習している距離のためまったく苦にならずに走ることができた。
そしてJR神田駅のガードをくぐり、いよいよ日本橋へと向かう。
日本橋では、途中結婚式の最中だろうか、ウェディングドレスを着た女性が沿道にいてランナーに声援を送っていた。有名な三井住友銀行を過ぎ、三越を右手に観ながら前方に、「日本橋」が見えてきた。やはり誰もが思うこの日本の起点となる橋に高速道路がかかっていることに改めて違和感を覚えながら橋を渡り、コレドを左折した。
この辺りは今回の応援スポットとしてオフィシャルに推奨しているらしく、門前仲町で折り返してきたランナーがまたここを通って銀座へといく。そのどちらとも見える場所が「日本橋」なのである。とにかく10kmを越え、時間も1時間を過ぎここからがいよいよフルマラソンが始まるといった気持ちになった。
この辺りはビル群のため日影が多く10時を回っていたものの若干寒さを感じたエリアでもあった。
そしてその後は水天宮、浅草橋を抜け、浅草にいくことになる。

続く
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/584-56d91cbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。