【日記】東京マラソン2017を走って「スタートするまで」 その1 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 【日記】東京マラソン2017を走って「スタートするまで」 その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】東京マラソン2017を走って「スタートするまで」 その1

2月26日(日)に東京マラソンに出場した。
2013年に応募して4回目にしてやっとの当選だった。今回は13倍と過去最高だったそうだ。今回、応募はしたものの当たる気はさらさらなかった。9月半ば、当選メールを確認したのもそれが目的ではなく、たまたま目についてしまったそんな程度の期待感だった。しかし当たったらうれしいものでFacebookで当選の報告をすると当たらなかった人から期待と応援の声が届いた。そこでやっと自分が出場できることを実感できた気がした。

さっそく翌日走りにいったら張り切りすぎて久々の長い距離に膝が悲鳴をあげた。それで約1か月走ることができなかった。10月は60km走り、11月はタイ出張に行くまではよかったが、帰国してから忙しさにかまけてまったく走る気が起こらず、結局年末からまた走り始めるというダラケぶりだった。当初の予定では12月には本コースを試走するつもりでいたが、仕上がりがそれどころではなかった。年末年始それまでのツケを取り戻すかのように走ることには走ったが、ペースはキロ7分、時間にして50分程度。まるで本番3,4カ月前のような練習を2か月を切った1月に行った。

1月に入り今度は2月11日に行われるライブの準備が佳境に入りまったく走ることができず、次に走り始めるのは本番3週間前となった。そこで友人からの「大丈夫なの?」の字に背中を押され、朝3時起床したついでに5時から2時間ばかし18kmほど走りに行ったのが今回の練習の最長距離であり、本番前最後の追い込みであった。そこからは体調を気遣いながら調整していった。

本番3日前の木曜日。ビッグサイトにゼッケンをもらいに行き、その会場でさらに実感がこみあげ、俄然テンションがあった。すぐにでも走り始めたい気持ちになった。会場のムードに危うく無駄にランニンググッズを買いそうなくらい購買意欲もくすぐられた。

翌日金曜日、最後の7kmのキロ6分のペース走をして調整は終了した。体調は悪くはなかったが強いて言えば花粉症で鼻で呼吸することが難しいことだった。

迎えた当日。天候は良好。気温もちょうどよい。朝4時に起床し、前日2年前に東京マラソンに出場した弓人から「途中腹減るからたくさん食べろ!」というアドバイスの元、やきそば、パン、カレー、出走直前におにぎり(赤飯)を食べた。

2年前に出場したその弓人の時、私は出走ギリギリまで付き添い、その後田町、浅草橋(往路・復路)、ゴール(ビッグサイト)と追っかけ応援した。今度は彼が応援してくれるということで朝7時に渋谷で待ち合わせてゲートの入り口まで見送ってくれた。彼とは20km地点となる「門前仲町」で会おうと約束した。そこで出走時の防寒のための上着を入れたリュックを渡す段取りにした。手荷物も彼がもっていってくれるとのことで預けることなく出走の準備についた。入門締切となる8:45ギリギリにスタンバイした。靴紐もいつもよりしっかりと結び、facebookにも出走する投稿をした。

9:00。東京都知事・小池百合子氏のあいさつがあり、まずは車いす部門がスタート。そして9:10、マラソンの開始を告げるピストルが鳴った。前から徐々に進みだしたが、突然前方右側にトイレを発見し、もしものために最後の放尿をした。そのためスタートより10分遅れで、「私の東京マラソン」がスタートした。


つづく
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/582-ff86d62d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。