【日記・mixi】サッカー日本代表雑記…あれから一年 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 【日記・mixi】サッカー日本代表雑記…あれから一年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記・mixi】サッカー日本代表雑記…あれから一年

2007.06.06

昨日、久々一試合通してサッカー日本代表の試合を見た。

オシム監督になっては初。

そのモチベーションを保っているのはもちろん
海外組が多数でるからである。

感想…

高原がちょっと違う次元に到達した感があった。

俊輔は相変わらず代表では
決定的な選手ではないことを再認識。

鈴木啓太はオシム監督就任後、
全試合出場らしいが納得。
とても中盤で攻撃の目をつんでいた。

羽生は後半投入にもかかわらず
すごく存在感をだしていた。
積極的だったし、とにかくがむしゃらさがあって好感をもて、今後に期待できると思い、今の日本に足りないもの?と思った。

そして一番輝いていたのは阿部だったように思う。
地味だが本当に最終ラインでフィジカルがない中、読みで相手に触らずにボールをカットし、そして前線に的確につないでいっていた。
フィジカルの中沢、読みの阿部。
結構よいのでは!?

一試合通してのチームの印象は
まだ最終ラインからビルドアップしていきながらフィニッシュまでいける力は日本にはないのかなぁということ。
そしていいところは…
ボールをとってから手をかけずにフィニッシュまでもっていくシーンが数回あったこと。
あとチームには精神的に追い込まれているときに声で、プレーで引っ張っていける選手がいないこと。
良くも悪くも中田英寿のような…。
本当なら俊輔あたりがかってでなくては!?なんて思うが
やはり彼はチームよりまだ個人レベルでの出来不出来を気にしすぎている感がある。
それが何より彼のすべてである気もするし、
私があまり心底シンパシーを感じない原因なのかもしれない。

しかしとにもかくにも成長をしているのは伺えた。


W杯から一年。

まだ10試合しかしていないらしいが
それでも確実にステップを踏んでいる
日本代表は来月、アジアカップがあるそうだ。

海外組以外でもとても才能のある選手がいるなぁ~と
思わせた現在の代表にまた私はほんの少しだが
興味を持ち始めたようだ。

来月のアジアカップがちょっと楽しみになってきた。

        佐とう ひでき
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/551-ee5f255a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。