【W杯2014/日本代表監督】メキシコ人監督でいいのか!? - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » W杯 » 【W杯2014/日本代表監督】メキシコ人監督でいいのか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【W杯2014/日本代表監督】メキシコ人監督でいいのか!?

アギーレ氏を熟知する男が太鼓判「日本のスタイルに合う」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/28/kiji/K20140628008457850.html

上記のような報道で次期日本代表監督人事が盛り上がっている。

ワタシは、このメキシコ人監督に至る経緯が透けて見え、なんかその安易さに素直に首を縦に触れないでいる。

というのも日本は以前からカラダが比較的小さく、それでもパスを回しながらW杯でコンスタントに好成績を収めているメキシコのサッカーを真似た方がいいと90年代から長く言われてきた。
そしてこの監督人事にメキシコ人が浮上したのもその延長線上にあるように思えてならない。
申し訳ないがアギーレ監督が名前は知ってはいてもその目指すサッカー、気質、等々わからないことだらけだが、今はそれ以前の問題である。今は、この監督にはな~んの罪もない。

フィジカルコンタクトが弱い日本が今後目指すべきサッカーというのは、それを避けつつ、パスを駆使しながらゴールを奪っていくサッカーだということは、オシム監督が就任した2006年に際に発した「日本化」以降、すでに共通認識となっている。
それはたぶんどんな監督になってもかわらないと思うし、これからの監督もそれに合う監督を日本サッカー協会も選ぶと思う。(ホント、大丈夫か!?)
ワタシはこのブログでも次期監督は「W杯を経験した人」が最低条件と書いた。
確かにそれには当てはまる。でもまだ他にもたくさんいる。しかもW杯後、また世界マーケットは様変わりする。
だから時期尚早だ。原委員長もW杯を総括してから遅くても9月までとは言っている。まぁ、かなりガマン汁状態での報道だけに信憑性と実現性はかなり懐疑的だが、しかし…このメキシコ人に至ったのが、結局・・・
「日本がメキシコみたいなサッカーを目指した方がいい」⇒「だったらメキシコ人の監督を読んでメキシコ的なサッカーをしてもらおう!」みたいな構図できているように思えてどうも安易だなと思ってしまうのである。

世界は広い。
しかもある方の書いた文章での…
「選手はその国からしか選べない。しかし監督は世界中から選べる」
というコトバを今一度思い出してしまう。

ワタシも1997年、ナンパばかりしていたころ…
「彼女がほしい。しかもかわいい彼女がほしい。あ、そうだ!街には「S-kawaii」女性がたくさんいる。オレはこの中から選んでいいんだ!」
と思いました。
それと一緒だと思いました。
いや違うか!?
まぁいいや。

適任はだれか!?

焦りは禁物だ。

        目黒のジダン
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/525-adbf6be6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。