【W杯2014/日本代表】テーマなし!感情からの殴り書き! - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » W杯 » 【W杯2014/日本代表】テーマなし!感情からの殴り書き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【W杯2014/日本代表】テーマなし!感情からの殴り書き!

まだまだ興奮冷めやらぬ中絶対にこの感情は記録に残しておこうとタイピング。

まず…

「相対的に日本代表を評価するのは止めましょう!」

「W杯優勝国が初戦敗退したから」…とか、
「感動をありがとう!」…とか
「日本らしいサッカーをみせてくれたから」…とか
「攻撃的だったから」「積極的だったから」…などなど。

もうこれを5大会繰り返してきたんです。
セルジオ越後もTV上で言っていましたが、
これ4年間の日本サッカー界の通信簿なんです。

ふたを開けてみればC組は、FIFAライキングのままの順位で幕を閉じました。
あんまり信じていなかったランキングも「まんざらでもないんだなぁ」と思ってしまいました。

この日本敗退をうけて一気に「国民にとってのW杯」は終わります。
日本人にとってのW杯は「日本代表ありき」ですから。
日本代表なきあとは結果、ハイライトのみ。
サッカーが盛り上がっているんではなく、日本代表で盛り上がっているだけですから。

これも初出場の98年以降、16年間変わらない事実。
サッカーを文化として根付かせるためにはやっぱりこれだけ注目度の高いW杯の舞台で絶対に!絶対にいいサッカーをして勝ち続けなくてならないと思います。
「サッカー」って競技の最高のプロモーションの場なんだから。
だから日本代表は強くなくっちゃいけんだと思います。

決しておおげさではないと思います。

だからこそ温かく、厳しく批判を続ける必要があるんだと思います。
セルジオ越後のコトバが、大したこと言ってないなとなった時、
日本のサッカー文化はとても前進していると思います。

とにかく政治も一緒で、思いを寄せて当事者意識をもった集団は絶対に盤石になると思います。
そのためには…
焦らず…一歩、一歩。

と自分に言い聞かせるのでした。


         目黒のジダン


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/520-7fabdb71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。