【映画】ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合(1996年) - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 【映画】ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合(1996年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合(1996年)

■ 評価
★☆☆☆☆


■ 総評
大学生当時、劇場で大笑いした作品。
16年ぶりの鑑賞。

あまり笑えなかった。

笑いの求めているいる質が変わったのが原因と思われる。
ドリフ好きには笑えると思います。

けどエディーマーフィーは本当に芸達者だなぁ。

この作品のような感想は「Mr.Boo インベーダー大作戦」を1987年(小6)当時
広川太一郎のふき替えでみて腹抱えて笑ったのを数年前にDVDで見直した際の感情にも似ています。

当時は本当にこんな面白い映画があっていいのかぁ~って思っていたが久々見たら…。

結構悲しかった出来事でした。

過去の笑いを負っている時点でもうそれ以上の笑いは起きないんでしょうね。


男は思いでをおいかけてしまうのかもしれません。
みれんがましいですね。恋愛も、映画も…。






スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/458-611a5038

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。