【ひとり事】実はfacebookの魅力とかわかってないんです…。 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » コラム » 【ひとり事】実はfacebookの魅力とかわかってないんです…。

【ひとり事】実はfacebookの魅力とかわかってないんです…。

先日、ある人に
「facebookやってますか?」

と尋ねたところ、

「俺、そういう時間あんまないんだよね」

と言われ、そこから

「みんな時間作ってるわけじゃなく携帯いじる延長でやってるんですよ」

って言ったら

「俺、暇じゃないからなぁ…」

と一蹴され、なんかその話は不毛な言い争いになりそうだったので自分から話題を変えてお茶を濁したことがありました。

facebook、mixi、他、ソーシャルネットワークと言われてるモノを利用する人たちは、利用しない人たちになんて説明するんだろうか?

「俺、暇じゃないから」

そう言われると簡単には

「じゃあやらなきゃいいじゃん」
「この人にとっては存在しないものなんだな」

と一言で片付けることもできるけど、その魅力を伝えきれないのはなんか腑に落ちない私でした。

だから必死に説明しようにも自分も別に面白いと思って始めてたわけではありませんし、
ましてや、今でも魅力なんて理解していないので魅力なんて伝えられはずもないのです。

でも説明できないのはやはりシャクにさわるわけでして…。

facebookとかの魅力って何でしょうか?

長年会ってなかった友人の存在が確かめられる、情報を即座にゲットできる、いま友人たちが何をし、何を考えて、何に興味あるのかを知れる。私はそんなにヘビーユーザーではないので魅力らしい魅力を伝えようにもこの程度しかでてこないのであります。

でもfacebookは、世界で5億人以上人口(?)がいるわけで、人口で言えば中国、インドの次にくるという世界第3位の人口過多な王国なのです。やはりそこまでなる魅力を兼ね備えてるからこそ増え続けたわけだからやっぱり人種を越えた人間の根源的な魅力があるのでしょう。

誰かその魅力説明できる方説明頂けないでしょうか?



「・・・・・・・・・・・・・・・・。・・・・・あ!」



っと、ここまでをアップしようとした瞬間にでてきたのが



「あれ!?これって灯台もと暗しじゃね~~!?(語尾上げ)そもそもこれを使ってるのはブログを経由して、twitterに連動し、さらにfacebookにアップされている…。っておれこれって不特定な誰かに発信してんじゃん!バカじゃんおれ!」

っとなったワケです。
これを魅力と言わずになんというのか。

自分の思っている疑問に仲間が答えた…。
それだけで自分のなんだかわからないモヤモヤが少しでも解決すればそれは立派な「魅力」じゃないかと。


でもそれはたまたまこういうメディアが近くにあっただけ。
みなそれぞれ思いはあると思うし、それを発信できる術が他にあったらそれを利用するのかもしれないし、そもそも発信しようと思っていない人にとってはあっても猫に小判である。
自分が何も考えずに人から、招待がきて何も考えずに利用していたからこそわかったこと。


ということはまずその「魅力」云々より、「利用してみる」。
それも「理屈抜きに」。
それが大切なのでしょうね、こういったものは。

TVだっていまだに「魅力」って別に口にだして説明できないし、できたって「面白からいいじゃん」といったところでその「面白さ」も個人さがあるのは当たり前なワケだから。

一つの答えがここででました。


facebookとかmixiとかは、

「知らぬ間に携帯電話をもっている自分のようにまず利用してみる。そしたら“勝手”に魅力も考えずにいつの間にか利用している。その中で”勝手”に日常に埋もれてしまっている」

その程度のものなのでしょう。

よく言う男女の質問に…
「彼女の何が好きなの?」
「理由なんてわからないよ」

「理由がわからない恋愛が本当の恋愛」みたいなのをいう人がいるけど私は本当の恋愛かどうかは別にして、理由なんて口じゃ説明できない…
そんなものに似た感じの魅力なのかなぁって気がしてきました。

…と、七転八倒しながらもこの文章終りに近づいていますが、やっぱりよくわからない自分がいます。

どなたか「魅力」を簡単に説明出来る人っていますか?
いたらご教授願いたいです。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

魅力

学食みたいな感じかな。

2011-11-24 23:53 │ from ぷあまんURL

No title

あ~わかるわかる。

学食ね。

雑談だもんね。大半が。

ありがとうございます。

2011-11-29 00:06 │ from URL

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/432-9d61a863