【一人事】新聞をとり始めました - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » コラム » 【一人事】新聞をとり始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一人事】新聞をとり始めました

最近、新聞を取り始めました。

小さい頃より新聞のTV欄から入ってスポーツ欄、よくて一欄しか読まなかった自分がであります。
心情の変化と歳と、何より今、日々多くの情報にさらされている自分があえて情報の収集方法をしぼった結果でもあるあけでして…。

でもそこで感じるのは「自分の無知さ」です。

特に基礎的に理解しているジャンルには「知」の上積みがあり、
「情報」が蓄積されていくのですが、基礎的な知識がないジャンルに関しては「情報」が
「情報」として入ってくるが基礎がないためただただ「情報」が右から左状態なのであります。
知ってはいるが「何がこうでこうなった」という流れがしらないからもう人に説明できるのは「菅総理は退陣を決めたみたいよ」とか「いまギリシャ金なくて大変みたいよ」くらいとかそんな程度であります。

経済欄、政治欄、世界情勢欄は絶望的です。


普段、私はTVを見ません。
昔はTVをつけてないと落ち着かない人間だったのに今はまったくつけません。
ニュースも滅多なことがない限り見ません。

数年前からあえて「情報」収集の方法をしぼった具体案です。


そんな中でも知らず知らずの間、ネットが一番の「情報」収集源になっていました。

そんな中、あえて今新聞に「情報」求めたのには理由があります。

ネットでの情報収集だと興味あるジャンルの「情報」しか入手しようとしませんが、
新聞だとその新聞社の情報収集能力と好み、思想の方向性に向き不向きはありますが、
ひとつその新聞社を信じて「情報収集はこれだけでいいや」と
割り切ればなんか変わるかもと思い新聞をとってみました。
そもそも「情報」なんて与えられたのみの「情報」がすべてだと思えば
それ以外はあえて日常生活で耳にしないのであればあまり自分には関係ない「情報」だと思いますし、
それでも入ってくる「情報」は自分にとって必要な「情報」ではないかと思います。
極論を言えば日々流れてくるニュース(単純な情報としてニュースではなくテレビ的なそれとして)も
本当に自分に必要なのとさえ思えます。

また長くなってしまいましたが簡単言いますと…
新聞を読んで「情報」というのをいろいろと考えさせられたのでありました。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/378-762e2b7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。