【W杯】パクチソン(韓国)がなぜすごいか!? - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » W杯 » 【W杯】パクチソン(韓国)がなぜすごいか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【W杯】パクチソン(韓国)がなぜすごいか!?

目黒のジダンです。

昨日の「勝手にMVP」でみごとにMVPを受賞した
パクチソン(韓国)さんですが…

なぜすごいのか!?をこれまた勝手に解説してみようと思います。

まずこちらをご覧ください…。



まぁこれは VSギリシャ の2点目のシーンなのですが、
これ実はキーパーとの精神的な駆け引きをしてるんですね実は。

再生してもらうとわかるのですが…
日本人的な感覚からいうとシュートのひとつ前のタッチのところ(time: 00'02)でシュートを打ってしまうのですが
パクはそこでもう一回ドリブルを入れてためるんですね。そうするとキーパーはギリギリまで待ちの状態になるんです。楽に守れるということです。もしその状況で打ってくれるとキーパーは自分のタイミングでセービングにはいれて…ということは自分の間合いで守れるんですね。守ってはいても気持ちは「攻め」の状態でいれられるんです。
でもそこでワンタッチ入れたパクは逆にためることで一瞬で自分の間合いにもっていくことができた。
となるとキーパーは「攻め」の精神状態から一気に「守り」受け身の状態になってしまうのです。

時間にして1,2秒での攻防です。

パクはボールを見ながら間接視野でキーパーもみつつ、後ろから追っかけてきているディフェンスも見えているという冷静さをこのシーンでもっていると思います。それでないとあのキーパーとスライディングにくるディフェンスの間にシュートを流しこめません。
このシーンはシュートのすばらしさもさることながらパクがそういった目に見えない精神的な部分で相手にも競り勝っている…そんなところから彼がここ7シーズン欧州の第一線で活躍していたことがウソではないということが証明できた、そんなシーンだった思います。

正直、全盛期の中田をゆうに超えていますね。

アジア歴代でも最高といってもいいかもしれません。
なんといっても欧州CLのFINALにでたことがあるのは彼だけですから。

今大会のパクチソン。
ぜひとも注目してみて下さい。


       目黒のジダン
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

なるほど

スゴさがわかるひとはスゴい。

2010-06-14 19:44 │ from kucURL

すごさ

今日はアルゼンチン、強豪にどれだけ実力を発揮できるか注目です!
彼は欧州CLでファイナルにも出ている選手なので自然体でいられると思うので
期待大です。

2010-06-17 20:18 │ from 目黒のジダンURL

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/191-d571f1d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。