【サッカーコラム】辛口・セルジオ越後がこう言いました… - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » サッカー » 【サッカーコラム】辛口・セルジオ越後がこう言いました…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカーコラム】辛口・セルジオ越後がこう言いました…

目黒のジダンのです。

昨日のイングランド戦についてセルジオ越後が

「 日本は試合、向こうは練習だった… 」


と。
そのコラムでセルジオ越後もいっていますが
日本はいつも前半ペースアップしたプレーをして
点は決めるものの、最終的にスコアは負け、
メディアは「日本善戦!」の文字。

この光景を幾度となくみた。

前回2006年W杯の3戦目のブラジル戦も
玉田の先制点でブラジルを本気にさせ、
終わってみれば1-4。
昨年のオランダ戦も
前半いいプレーを見せるものの、
最終的には0-3と…。

いいプレーはできるが勝負では勝てないのが日本。

次につながるといった前向きの意見ももちろんあってもいいが
欧州勢に肩を並べるには
いいプレーもさることながら
勝負に勝つという
「メンタリティー」
を身につけることはとても大事だと思う。

そのためには何をすべきか!?

点を入れてリードしながらゲームを進めれば
相手は真剣になってくる。
その真剣になっているシチュエーションを
死ぬほど繰り返すしか
その「メンタリティー」を鍛えることはできない。

今、日本代表に求められていることは
協会を含めて
世界の強豪国(FIFAランク10位以内)のチームとの親善試合の数を増やす
しかないのではないでしょうか?

しかしこれはすでに何十年も前から言われていること。
予想するにたぶんそういう世界的な国は練習試合の相手に事欠かないから
なかなか相手にしてくれないのではないでしょうか?
ジーコ監督にはジーコのツテでかなりその条件での試合を組んでいましたが
今はそのパイプが薄くなってしまったので
ここ4年間での練習試合の内容はさびしいものとなっています。

だからこそ!
次の監督は世界的な監督を招聘するべきだと思う目黒のジダンでございます。

さて!
下記は過去の 日本 × イングランド の試合をアップしました。
参考程度にご覧ください!








イングランド 2X1 日本 1995.06.03 サッカー


< イングランド 1X1 日本 2004.06.01 サッカー >




< イングランド 2 X 1 日本 2010.05.30 サッカー >

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

No title

決定力不足が叫ばれて久しい日本代表だけど、今回は3ゴールも挙げて、イングランド攻撃陣を完封したんでしょv-16

2010-05-31 11:39 │ from こーもとなつひこURL

完封です!

>こーもとなつひこ
その通りです。完封です(笑)
決定力不足はFWのせいではなくチームの責任。
ということは統括している「監督」の責任ということがいえますね。
ネガティブなことばかりあげても先がないので
あえていえば…昨日は積極性があったことが唯一の救いかと思いました。

こーもとさんはまだ岡ちゃんに遺恨がありますか?(笑)

2010-05-31 11:50 │ from 目黒のジダンURL

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/165-645d027a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。