【日記・mixi】私が思う、決勝Tへの可能性…の巻 - ”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ

”目黒のジダン”こと佐とうひできのブログ ホーム » スポンサー広告 » サッカー » 【日記・mixi】私が思う、決勝Tへの可能性…の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記・mixi】私が思う、決勝Tへの可能性…の巻

ご存知、引き分けた。

可能性はブラジル戦ということになった。

ブラジルは勝てば決勝トーナメント進出決定。
数十分後の試合が引き分けだと
彼らは勝ちが絶対に必要になるので
可能性はほとんどなくなるといっていい。

ブラジルVSオーストラリア戦…
見逃せない試合となった。

ここである会社の会長さんがいっていた
一言を紹介する。

会長 「おい、日本決勝T行けると思うか?」

私  「いや、ムリでしょ?」

会長 「何で?」

私  「厳しいリーグなのとブラジルが最終戦でしょ?」

会長 「バカ、日本はジーコだぞ!」

私  「え!?」

会長 「相手がジーコなんだから勝たしてくれるに決まってんだろ!」

私  「はぁ…?」

会長 「選手はもちろん、監督もスタッフもブラジル国民ジーコのこと尊敬してるんだぞ?もし自分たちが進出決めたら他にいけせずに日本をいかしてくれるにきまってんだろ…」

私   「・・・・」


…と言葉を失った。

私はやはり経験と独自のサッカー観から
サッカーを語るが
会長はあくまで政治的な視点から
語った。

私にはない視点だった。

そうなるとブラジルVSオーストラリアは
是が非でも勝ってもらわなければならなくなる。

ここでこそ”神様”としての価値があり、
ジーコを招聘した意味がある。

もしこの状況下、
本当に日本が進出を決めた場合
政治的な力が働いたか!?
という疑問は当然うかんでくるが・・・。

豆知識:ジーコは98年W杯のテクニカルディレクター。今回のブラジルで当時のメンバーは数人存在する。しかも今回コーチにいるマリオ・ザガロである。(98年W杯監督)いかせてくれないわけがない。

          佐とう ひでき

(6月20日関連資料添付)
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

ブログ

トラックバック

http://omiaipub.blog69.fc2.com/tb.php/149-2396c7be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。